藝術学関連学会連合 第13回公開シンポジウム
藝術と教養 
―藝術は教養たりえるのか?―

201862(土)13:00-17:00
  慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎シンポジウムスペース
共催:慶應義塾大学教養研究センター


入場無料/事前申し込み不要


オーガナイザー
永田 靖 (日本演劇学会・大阪大学教授)
藤田 治彦(藝術学関連学会連合次期会長・意匠学会・大阪大学名誉教授)
小林 昭世(日本デザイン学会・武蔵野美術大学教授)
小菅 隼人(日本演劇学会・慶應義塾大学教授)




↑クリックするとチラシ表裏のPDFファイルがダウンロードできます


【プログラム】

開会 13:00

挨拶
山﨑 稔惠(藝術学関連学会連合副会長・服飾美学会・関東学院大学教授)

趣旨説明・司会
永田 靖 (日本演劇学会・大阪大学教授)
小林 昭世(日本デザイン学会・武蔵野美術大学教授)
小菅 隼人(日本演劇学会・慶應義塾大学教授)


研究発表 13:15〜

「インダストリアル・デザインと教養」
塚田 章(意匠学会・京都市立芸術大学教授)


「教養の変貌 ―現代演劇における」
山下 純照(日本演劇学会・成城大学教授)


「芸術を教養として学ぶこと
 ―1760〜1770年代の『愛好家向け』アルファベット式芸術事典に即して」
山口 遙子(美学会・東京藝術大学専門研究員)


「知識人の絵画 ―南画とその享受者」
佐藤 康宏(美術史学会・東京大学教授)



討論 15:20〜

富田 直秀(日本デザイン学会・京都大学教授)
青木 孝夫(広島芸術学会・広島大学教授)


クロージング 17:00

閉会挨拶
藤田 治彦(藝術学関連学会連合次期会長・意匠学会・大阪大学名誉教授)






[ トップページへ ]